2010-04-28

1000個のオレンジと1000個目のオレンジ

1ヶ月以上前にTwitterに投稿していたこの発言を思い出した。
ここで「平均価値」と「限界価値」の違いをレクチャーしますw 例えば、オレンジが1000個あったとき、「限界価値」は1000個目の値段。1000個も1人じゃ食えないでしょ。だから1000個目の限界価値はほぼゼロ。大して平均価値は1000個の全ての値段を足して1000で割ったもの。 at 2010年3月13日
これについて補足説明を加えよう。
限界価値とは、追加されたオレンジの価値だ。
対して平均価値とは、全てのオレンジの価値をオレンジの個数で割ったものだ。
下のグラフはオレンジの限界価値の推移を表したグラフだ。

追加のオレンジの価値が急激に下がり、価値の減り幅がだんだん小さくなっていっていることがわかる。

まとめ: モノを増やせば増やすほど、増やした分のモノの価値は減っていく

0 件のコメント:

コメントを投稿