2010-06-25

自由と責任


@GkEc 今思いつきましたが、問いの立て方が良くなかったかもしれません。「どうして自由に責任が伴うのか」ではなく、「自由に責任を伴わせるとどのようなメリット・デメリットがあるのか」の方が答えやすいかもしれません。なんだか経済学っぽいですしw9:31 PM Jun 15th via web
これに従って、自由に責任を負わせることのメリット・デメリットについて論じていく。
その前に、「自由」と「責任」の定義についてはっきりさせておこう。
自由とは個人が他人から強制されずに自発的に契約することであり、責任とは結んだ契約を確実に履行する義務だ。契約というのは、口約束などの軽いものも含まれる。
ここでの定義に対する反論は多々あるだろうが、このエントリの本題はそこではないので了承頂きたい。
デメリットを見ていこう。
自由に責任を負わせると、責任を負うコストを考慮して、責任を負わされなければ行われたはずの取引が行われなくなる可能性がある。
自由に責任を負わせないと、契約が履行される可能性が低いため、誰も契約を結ぼうとしない。結果的に自由は失われる。
自由に責任を負わせることによる取引の損失が限定的なのに対し、自由に責任を負わせないとほぼ全ての取引の機会が失われる。
メリットは上記のデメリットの逆なので省略する。
自由に責任を負わせないことは自由に責任を負わせるよりも損失が大きいのは明らかだ。なによりも、責任を伴わない自由は自由を殺してしまう

まとめ: 責任を伴わない自由は自由を殺す。自由を守るためにも、自由には責任を付属させることが必要だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿