2010-06-29

結婚の役割

結婚の役割とはなんだろう。

子どもを産み育てるのは、女性に非常に負担がかかる行為だ。妊娠してから子どもがある程度自立するまでに5~10年かかる。その間は女性の自由が奪われる。そのため、女性は相手の男性が自分を養ってくれるという確証がなければ子供を産み育てるインセンティブが生まれない。
結婚は、男性が女性に子どもを産んでもらうために行うコミットメントなのだ。

では、子供を産まない場合の結婚の役割も考えてみよう。
子供を産まない場合には同棲だけでも充分そうなのに結婚をするのはなぜなのか。
それは同棲よりも結婚している方が優遇されるからだ。世間からの風当たりもなく、税/各種保険の負担も軽減されるなど、さまざまな利点がある。

結婚の役割について考えるとき、次のエントリはとても参考になる。
結婚と市場 - 経済学101

0 件のコメント:

コメントを投稿