2010-08-14

Twitter公式ツイートボタン


TwitterがTopsyやTweetMemeに対抗する製品を立ち上げた:
Twitter、公式「Twitter Button」を発表 - ITmedia エンタープライズ
Twitter / Tweet Button
既にこのブログも7月分のエントリまでさかのぼってTopsyからTweet Buttonに置き換えた。
Tweet ButtonとTopsyのそれぞれの特徴を見ていこう。(TweetMemeは使ったことがないのでここでは割愛)
Tweet Buttonの特徴は、なんといっても速いということに尽きる。Topsy(やTweetMeme)はツイートするときにTwitterのホーム画面を開くために時間がかかるが、Tweet Buttonはリンクとタイトルの入ったシンプルなポップアップが開くだけなのでとても素早い。ツイート後に設置者が設定したアカウントのフォローを勧める画面が出るというのも、フォロワーを増やしたいユーザーのニーズに沿っている。
対してTopsyの特徴は、そのページのリンクを含むツイートをほぼ漏れなくTopsyのサーバーに保存しているという点だ。Tweet Buttonのリンクを含むツイート一覧は、Twitter検索を利用しているだけなので、Twitter検索の問題点(ツイートを取りこぼしやすい)がそのまま引き継がれてしまう。
しかし、ツイートのスピードに比べるとツイートを一覧できるかどうかというのはTweet Buttonの普及を妨げる要因にならないかもしれない。一覧を見たければTopsy TrackbackにページのURLを貼りつければ良いだけだし、そのページをツイートされやすくする1番簡単な方法は読者がツイートするコストを下げることだからだ。

まとめ: Tweet Buttonはウェブサイトの管理者に対する利点が競合製品に比べて大きいため普及していくだろう

0 件のコメント:

コメントを投稿