2010-09-07

奨学金と教育ローン


9/6にNHKで放送された「クローズアップ現代」の奨学金特集が少し話題になっている。
自分は最初の5分しか見ていないのでわからないのだが、どうやら「奨学金に返済義務があるなんておかしい」という論調だったらしい。(もし見ていた方はどういった内容だったのか教えていただければ幸いです)
この話題の問題点は、返済義務のある奨学金では無く、奨学金の種類が少ないことと奨学金の取得基準だ。
教育の機会均等とはでも書いたように、奨学金は成績に応じて出されるべきものだ。しかし、日本学生支援機構の国内大学の奨学金について書いてあるページを見ると、ここにあるのは返済義務がある「教育ローン」を「奨学金」と称しているだけのもので、学力基準も大雑把だ。
もっと基準が細かく、成績が良ければ返済義務の無い奨学金を受け取れる奨学金基金の創設や、返済義務があるものは「教育ローン」と呼んで「奨学金」と明確に区別することが必要だろう。

追記: 本エントリで「日本育英会」としていたところを「日本学生支援機構」に訂正しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿