2010-09-12

株式の配当でエコ?


おなじみティム・ハーフォードの相談コラム:
Is the stock market the way to go green?
I have considered donating money to Greenpeace. Then I had a better idea. Why don’t we donate shares of polluting companies to Greenpeace? By doing so, at least some part of these companies’ profits could be directed to environmental organisations through dividends. In some extreme cases, Greenpeace could acquire enough shares to push the companies to transform into a more “environmentally friendly” corporation.
香港で経済学を学んだという相談者には、(日本では過激な捕鯨反対運動で有名な)グリーンピースにお金を寄付するよりも良い考えがあるという。それは、グリーンピースに環境汚染企業の株式を寄付するというものだ。少なくともその利益を配当という形で環境に良いことに使えるし、一部の極端なケースではグリーンピースが企業を「環境に優しい」企業に変えることができるだろうと相談者は言う。
この主張のどこがおかしいか。それは次のハーフォードの回答が示している。
You say polluters will pay for their damage, but this is not true. Dividends are payments related to profits, not to environmental pollution. Regulation and tradeable pollution permits discourage pollution; buying shares does not. Worse, if your idea caught on, it would lower the cost of capital of polluting companies and enable them to invest in more marginally profitable projects, although I suspect this effect would be tiny.
汚染者はその害に対してお金を払わなければならないというのは正しくない配当は利益に応じて支払われるものであって環境汚染に応じてではない規制や取引可能な汚染許可(二酸化炭素の排出権など)は汚染・公害を抑えるが、株式を買うことはそうではない。そして、このアイディアが流行ると、汚染企業の資本の費用が下がり、企業が少しだけ収益性の高いプロジェクトに投資できるようになるのではないかということだ。(ハーフォードはこの効果は小さいと見ているようだが)
But most shareholders seem to have little influence on the decisions corporate managers take. I suspect campaigning organisations are more effective outside companies than in.
企業の姿勢を変えさせるのが目的なら、企業の中よりも外で活動したほうが効果的だろう。

追記: @erickqchanさんの指摘を受けて「4つの反論」としていたところを1つにまとめました。

0 件のコメント:

コメントを投稿