2010-09-20

飛行機のマイルは経済に打撃を与えるか


毎週恒例ティム・ハーフォードのお悩み相談コラム:
Do loyalty schemes damage the economy?
Frequent-flyer programmes are very popular here in Australia, where people often travel long distances for work and can subsequently be rewarded with large perks by selecting their preferred airline ahead of cheaper offers from other carriers – and to the detriment of their employers.
オーストラリア(に限らずアメリカその他の国でも)ではFrequent Flyer Programという搭乗した距離に応じた ポイントを集めることで無料航空券がプレゼントされる*、日本での航空マイル制と同じような制度があるそうだ。そして、従業員が出張で航空機を利用するときに自分がポイントを集めている航空会社をもっと安い航空会社より優先するために雇い主に損害を与えているのではないかとのこと。
Are we encouraging an inefficient market by signing up to loyalty programmes?
果たして忠節なプログラム(loyalty program)に加入することで効率的市場を促進しているのだろうか?
ハーフォードの回答:
Frequent flyer programmes also artfully create what economists call “switching costs”, by offering employees an incentive to stick with an individual airline. This is a serious problem, because if Kickback Airways has bribed its customers to stay loyal, then AirBribe has little incentive to compete on price. AirBribe may even raise prices; and this makes it easy for Kickback Airways, too, to raise prices. Even if you have nothing to do with the whole business, you’ll still pay more for your flight. It makes you wonder how airlines ever contrive to lose money.
Frequent Flyer Programはスイッチング・コスト(別会社の製品・サービスに乗り換える際にかかるコスト)を発生させる。そのため、競合他社は価格競争をするインセンティブが薄れ、loyalty programによる顧客の囲い込みに走り、結局のところツケは価格の上昇という形でこのプログラムに加入していない顧客に回ってくるのだ。

*Frequent Flyer Program

0 件のコメント:

コメントを投稿