2010-10-23

[翻訳] 大波を感じる


大波を感じる by Steven Landsburg - 道草より転載。

ポール・クルーグマンは政府支出の急上昇は今までどこにも無いと言う。私はそれは既に起きていると言う。ポールは証拠としてグラフを提示した。私は同じグラフに4年間の急上昇を見て取った。

数人がコメントで私がポールのポイントを無視していると主張した―そのポイントとは、ブッシュ時代を基準線にすれば、基準線と比べて急上昇は存在しない、というものだ。本当だろうか? 以下のグラフはブッシュ時代に始まって今までつづいている連邦政府の支出額だ。青い線はブッシュ政権下での平均年間支出の増加の延長を表している。縦線はオバマ時代の到来を表している。

(このグラフはセントルイス連邦準備銀行のとても便利なFREDデータベースを基に作成した。)

さて、個人的には、このグラフで私が見て取れる主なことは10年間の連邦政府支出の急上昇だ。しかしブッシュ時代を基準線とすると主張すれば―そうだ、あなたに見えるのは、2009年に始まったオバマの大波だ。急上昇が経済状況によって正当化(もしくは強要)されていると論じたいのならわかるが、私はどうやって存在しているものを否定するのかわからない。

覚えておいてほしいのは、全ての合衆国政府の支出(連邦政府だけではなく)を合わせても、グラフはほとんど同じ(ほんの少しだけ劇的でなくなるけれども)だということだ。

以上、そういうことだ。

by Steven Landsburg

10月13日

(原文: Feeling the Surge)

0 件のコメント:

コメントを投稿