2010-11-28

[紹介] 経済セミナー 12・1月号


経済セミナー 12・1月号

8月に大阪大学で大竹文雄(@fohtake)氏と安田洋祐(@yagena)氏との対談(鼎談)が掲載された本誌がついに出版された。(対談@阪大)

今回の対談(鼎談)では、私が経済学に興味を持ったきっかけから、中高での経済学教育、大学での経済学教育、経済学とはそもそもなんなのか、機会費用を考慮しての選択、イノベーションと不平等の関係、経済学者の間で論争が起きる理由、実験の重要性、経済学者の「仕事」まで、非常に幅広く論じていて、とても興味深い内容に仕上がっていると思う。

この対談の他にも、経済学の学び方や教え方についてのおもしろい記事が多く掲載されている。
以下に今回の特集の目次を引用しておく。

特集=経済学の学び方・教え方
[対談]経済学って、おもしろい?/大竹文雄×西田成佑 [司会]安田洋祐
[鼎談]実験経済学の教育効果/小田宗兵衛×横山省一×和田良子
 サイエンスとしての経済学に挑戦する高校生たち/松村茂郎
 高等専門学校における経済学教育──広い視野を持つ科学者の育成を/山森哲雄
 基礎ミクロ経済学講義の一事例──ゲーム理論から攻める/尾山大輔
 日本の大学院教育──アメリカとの比較/吉野直行
[学生座談会]経済学、学び方の“コツ”/岡本竜×川田佳寿×井上勇太×鈴木弥香子
 経済学者が薦める教科書、この3冊

0 件のコメント:

コメントを投稿