2010-11-09

[翻訳] 悪のApple帝国


悪のApple帝国 by Russ Roberts - 道草より転載。

ハズレットとの“Google vs Apple”のPodcastの中で、私は人々がAppleを十分にオープンでなく―自社製品の使われ方や売られ方に制限をつけていて、不道徳だとして捉えることに対して驚きを表現した。スティーヴ・ジョブズが制御したいという性格の持ち主で、多分いくつかの理由でFlashを嫌っていて、結果Appleの製品の魅力を減じているとして、怒ったり憤慨したりするのはおかしいと私は主張した。なぜそれが製品を買うことからあなたを遠ざけるのか私にはわかることができたのかもしれない―それはあなたが必要なものを満たすには不十分だ、と。しかし私は道徳的な憤りというのは奇妙な反応に思えてしまう。

ジェリー・ブリトはこう返答している:

続いてラッセルはクローズドな製品を避けるという個人的な信念を、彼のブログにコメントする権利を持っているという感情を持っている数人の彼のブログの読者や、ラッセルの庭のグリルからホットドッグを取る権利を持っていると思っている変人の考えになぞらえている。私はなぜこの喩えが成立しないのか説明しなければならないとは思わない。私が指摘したいのは、道徳的な理由で特定の製品を不買すること(友人に同じことをするよう怒鳴ることさえも)は、全くもっておかしいことではない、ということだ。私たちは、レザーや動物実験された製品を買わない動物愛護主義者や、紛争地域から産出されたダイアモンドを買うことを避ける人々によって、いつもこの光景をみている。ラッセルが道徳的な理由で買おうとしなかった製品だってあると私は確信している。

だから、もしあなたが正直なところ、お高くとまったAppleがインターネットを閉鎖的なものにするのに寄与すると信じ(私はそうではないが)、オープンであることを特に政治的な理由で評価するなら、Appleをボイコットするという完璧に合理的な行動に出ただろう。

もしかしたらジェリーは私の指摘を誤解しているのかもしれない。私は、購買活動に道徳的な役割を持たせることに間違っていることは何も無い、ということには同意する。私が奇妙だと思うのは、製品のオープンさを道徳的な問題として捉えることにある。もしAppleが私がiTunesで購入したものを同期できるデバイスの数を制限しているなら、私のiTunesで曲を購入することに対する関心は薄れる。そう、私は、なぜあなたが自分の音楽でしたいことをするための無料の音楽の世界と全ての自由が欲しいのか理解している。しかし、どのようにジョブズの決定が不道徳なのだろうか? もしくは、ジョブズが全てのiPadアプリ開発者にAppsストアを開放したとしたら、それのどこが不道徳なのだろう? それは悪いビジネス上の決定になるかもしれない。しかしそれは不道徳だろうか? わたしにはわからない。

国が施行している所有権がこれをより複雑にしていることはきちんと理解している。それは一筋縄では行かない。もしかしたら、私たちはよりオープンな所有権制度を持つ消費者として豊かになっていて、創造性とイノベーションを促進する方法として州が現れるよりほかのメカニズムを受け入れていたかもしれない。しかし、多くの人が知的財産を廃止したいかというと、そこまではっきりはしていない。私はそれを実証的な問いとして見ているのであって、道徳的なものとして見ているわけではないのだ。

by Russell Roberts

11月4日

(原文: The evil Apple empire)

0 件のコメント:

コメントを投稿