2011-01-26

[書評] 孤独の科学


孤独の科学 ジョン・T・カシオポ、ウィリアム・パトリック共著

本書は「社会神経科学」の創始者の1人によって書かれた、「社会的つながりがいかに重要か」を説く。
孤独感とはいかなるものなのか、孤独感がいかに有害か、孤独感を抱くのはなぜなのか、そして孤独感を克服するにはどうすれば良いのか。

この本のポイントは「科学的な裏付けがある」ということにある。
著者は、実験室で学生にいろいろな課題をこなしてもらったり脳波を測定したりする「横断調査」と、シカゴ市内の中高年の孤独感を測定し健康状態などを調べる「縦断調査」を組み合わせ、主観的な孤独感がいかに身体的な健康を蝕み、自己調節機能を奪いさらに他者と関わることが難しくなることをつきとめたという。
人間は独りでは生きていけず、群れていなければ生きていけない生き物だと著者は主張する。群れていたほうが生存確率が高まったので「群れていなければならない」個体が生き残った、という進化論的説明をしている。そう、孤独感は悪者ではなく、身の危険に警笛を鳴らしてくれるものなのだ、と。
では「孤独」を感じないためにはどうすれば良いのだろうか?
それは「他者に手を差し伸べる」ことだという。それも、手を差し伸べるだけは不十分で、相手が自分を「うまく利用する」相手ではないか人間に備わっている能力で見極めることも重要だ。

著者の主張に対しては賛否が分かれそうだが、非常に興味深い。孤独かどうかに関わらず、「人間同士の関わり」に関心を持っている人は1度読んでみると良いのではないだろうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿