2011-02-01

[書評] ゆるく考えよう


ゆるく考えよう ちきりん(@InsideCHIKIRIN)著

自分がTwitterを始める前からファンだった「Chikirinの日記」が本になった。
本書は、著者のブログから選りすぐったエントリを再構成したものだ。
本書のメッセージを一言で表すと、「そんなに高みを目指さなくてもいいよね」ということになる。みんながみんな高い目標を掲げて達成しようと躍起にならなくてもいい、というのはその通りかもしれない。

P.74「自分に近いものにこだわりすぎるのはやめよう!」が単にバイアスによって客観的な判断ができない、という話だったり、P.137「『逆バリ』と『先読み』」が競争相手が少なく需要が多い分野を狙うべき、というようなある意味当たり前のことも多数だが、それをわかりやすく説明しているがポイント。

皮肉ったエントリにもきちんと補足が入っていたり、「ちきりん初心者」でも楽しめるようになっている。

つっこみどころも多いが、他人の考えを受け入れる余裕を持った上で「こういう考え方もあるのか」と「ゆるく」読んでみるのが良いだろう。


0 件のコメント:

コメントを投稿