2011-09-17

手書きの手紙が喜ばれる理由

手書きの手紙は温かみがある、と評されることはよくある(中学生の場合、だから手書きの手紙を書きなさい、となるわけだが)。手書きの手紙が本当に「温かい」かどうかはさておき、手書きの手紙をもらったほうがメールよりも嬉しいという人もいるのではないだろうか。
なぜ(同じ内容であっても)メールより手書きの手紙をもらったほうが嬉しいと感じるのだろう?
それは、手書きで手紙を書いて封筒に入れて切手を貼ってポストに投函する方が、Gmailでメールを書いて送信ボタンを押すよりもコストが高いからだ。受け手側からすると、「相手が手紙を出してくれるくらい自分のことを大切にしてくれている」ということを意味する。
「相手のことを大切にしている」というシグナルを発するためにコストをかけるのは誰にでもできることではないため、コストをかけると喜ばれるのだ。